« 芋洗いって何故? | トップページ | ルールとは »

2008年2月24日 (日)

大雪!

 昨日は大雪でしたね~ 少し湿った雪がず~っと降っていました。風も強かった。写真とっておけばよかったなあ。気がつけばもう夜なので、画質的に駄目ですね。で、今日は目覚めたら寒かった。布団から手を出したら、冷え冷えなんだもの。今日はずっと寒かったです。今も寒い。そして、すごかったですね。長沼町と千歳市で100台もの車が吹雪で立ち往生。しかも昨晩から。寒かっただろうなあ。そして、空港もJRも乱れホーダイです。今だに千歳空港では飛行機に乗れない人たちがいるようだし。皆様、お疲れ様です。この際仕方がないので、仕事や用事についてはあきらめて、流れに身をお任せくださいませ。

   今朝の新聞に今井通子さんが出ていました。新田次郎「銀嶺の人」のモデルの一人です。南極の話をされていました。温暖化で北極の氷は溶けているけれど、南極は温暖化の影響は受けていないそうです。それは何故か?氷に覆われている大陸であることがポイントらしいです。熱を吸収するそうなのですね。なので、温暖化対策のひとつは森林。森林も熱を吸収するそうです。小学校に行って、今井通子さんが説明をして、南極の氷をお土産にくれるのでした。そういうのって良いですね。そのうちの誰かがもしかすると、探検家とか研究者になるかもしれません。

 今回は、「銀嶺の人」の話ではなく、何故かジョン・スタインベック(John Steinbeck)「チャーリーとの旅」"Travel with Charley"先日、本屋さんで見つけて、ハードカバーだけれど買ってしまった。きっと文庫本にはならない気がして。。。

 チャーリーは犬です。あの作家のスタインベックが車でチャーリーと一緒にアメリカ横断旅行をするお話。まだ、ようやく半分読んだだけです。ハードカバー本なので、通勤とか移動途中に持ち歩くには重たいので、本日、用事で外出したついでに持ち出し、用事が片付いた後に、喫茶店でお茶しながら読み、帰ってきてからお風呂で読み、半分まで到達。残り半分はいつ読もうかな。ただ、スタインベックの文体の特徴はショートセンテンス。文章が短いのです。なので、読みやすいです。原書でももしかしたら読めるかもと思ったりして・・・ちなみに同時代のフィッツジェラルドが少々華やかな文体なのとは、対照的です。フィッツジェラルドの方が、波乱万丈な人生を送りましたが。。。

 私のイメージではチャーリーはなんとなくビーグルのような中型猟犬か、レトリーバー系かなと勝手に思っていましたが、プードルでした。でも、この時代なので(1960年代)、トイプードルではもちろんなく、普通のプードルです。普通のプードルって結構大きいのですよね。そして、チャーリーは本当はシャルルで、フランス生まれなのでした。

 安心できるのは、スタインベックが生活者視点だということ。ロシナンテ号と名づけたトラックにちょっとした小屋を載せて、その中でも眠ったり、食事ができるようにして、さあ出発。いろいろなところで出会う人たちと、チャーリーとともに食事やコーヒーやお酒を一緒に語らうのです。心にゆとりが感じます。スタインベックってステキな人ですね。

 まだ途中ですが、心が和む気がします。読み終わったらまた報告しますね。

|

« 芋洗いって何故? | トップページ | ルールとは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事