« 窓際OL? | トップページ | 椿山課長 »

2008年6月29日 (日)

地球のはぐれ方

 これから夏だって言うのに、もうフィギュアかい!?って、フィギュアスケートやっているのよね。今見ているの。久しぶりに織田信成を見たな。やっぱ若い!足長~いもの。結局2007年のシーズンは全く出られなかったのね。何かさ、社会が厳しすぎるとか、勝ち組と負け組みとか、格差社会っていうけれど、それを作っているの、マスコミじゃないのかな。間違いを許さないのはマスコミのような気がして仕方が無いのよね。織田君、かんばってね。 それにしても、今の若者は本当に足長いよ。うらやましい。 

 前置きが長くなりますが、そう、あの秋葉原事件もさ、なんか加害者の否定ばかりが目につくけれど、あの携帯サイトへの異常な書き込み方を見ると、きっと「助け」を求めていたのだろうなあと。そう考えるとかわいそうな気がする。彼女がいないのがどうのこうのって、そんなのね、大した問題じゃないのに・・・お笑い芸人たちが、彼女いない歴何年ってネタにしているくらいじゃない。全然問題ないよ!ただね、携帯サイトとか2チャンネルって足を踏み入れる勇気は無いんだよなあ。この間も友人と話していたのだけれど、携帯サイトで孤独を訴えている子たちへの返事を書くボランティアってどうかしら?と。考えてみたら、すぐにできることだよね。でも腹立っちゃうことも書いているだろうし、友人からは、私に鋭く突っ込んじゃ駄目なんだよって注意された。いくら私だってそんなことしないよ~!!って言っていたけれど、う~ん、場合によっては自信ないな。

 さて、「地球のはぐれ方」

 村上春樹と吉本由美(アンアンなどで活躍したスタイリストだそうです)、都築響一(カメラマンなのかなと思って読んでいましたが、紹介にはアートデザインの編集者とありました)の大人(かなり大人です。60才近い大人。都築さんは50才くらいだけど)たちが、ちょっと微妙なところを微妙に観光するっていう、大人な企画です。ちょっと気になって買ってみたけれど、余裕が感じられて面白かった。

 特に、名古屋と江ノ島!行ってみたいと思いましたよ。名古屋はね、笑っちゃうよ、「マウンテン」!!なんでそんなスパゲッティなの!!普通じゃないの。量もメニューも。だってデザートなんだもの。でも、デザートにしては無茶無茶量が多い。そして、美宝堂。宝飾店なんです。でもね、「非日常」を売りにするというその精神!怪しいっていうか、センスな~いって感じの金ぴかなのですが、お店の人たちは「自分たちが扱っているのは超高級品だと。だから、ハレの気分で買い物を楽しんで欲しい」と、金ぴかのVIPルームに、GOLDの制服。その気持ちと演出がさすがです。都会なんだけれど、地方感覚ありあり。やはり今は名古屋が侮れない。

 江ノ島はね、猫がいるんですよ。いや、それだけが売りではないですが、猫好きの私にはまずそれ。そして、脱力系のようなのです。雨が降るともう店をしめちゃうとかね。どうせお客さんは来ないからって。全然背伸びなし、儲けようとう気持ちも無し。いやあ、いいですね。きっと落ち着きます。でも坂が多いらしいので要注意。

 ゆる~い感じの旅行記なのですが、吉本さんの視点には共感。特に熱海についてがね。オヤジたちターゲットの団体旅行向けから脱却できていない。だから、「個」に向けた企画ができない。カジノとか言っているけれど、バカいってんじゃない。自分に任せてくれれば・・・・って。

 そう、同感です。「カジノ」って簡単じゃないよ。最近、思うのですよね。自己認識の重要性。小さいときから英語教育やっている場合じゃなくて。自分はどういう人間で、自分の長所は何で、短所は何。だから、こういう売りで行こう!ってね。だってさ、誰もが格好いい外見でもないのだからさ、「笑い」で売ろうとか、「誠実」で行こうとか。美人であったり、いい男であるに越したことはないけれど、ほとんどの人が違うのだから、自分の持ち味をよく見てそれをアピールしないとね。それができれば、前述の秋葉原事件は起きなかったかもしれない・・・

 何いっているか、わからないでしょ。

 「カジノ」だってそうなのですよ。あれも文化なのです。長年カジノをやってきている過去があってこそ初めて成り立つ。ちょっと持ってきたからといって成功するものではない。ラスベガスだって、マフィアから始まって、様々な過去があって、ようやく一般Peopleも出入りできるようになって、今がある。だからこそ、その長年の努力の中に様々なノウハウがあるのです。それを理解しないで、形だけ持ってきても成功するわけがない。むしろ丁か半かの賭け事、任侠の世界から入ってもらったほうがまだよいかも。

  日本も自己認識が大事だと思うのです。もうよそ様からアイディア拝借の時代ではなくて、じっくり考えてみることですよね。歴史とか、自分たちを支えてきた価値観、これを理解するべきですよ。反省も必要だし、自分たちの良さを自覚することも必要。その上でどう進んでいくのか?過去をただ棄てるのではなく、どう改めていくのか?切り捨てるのではなく、どう再生していくのか?これが必要だと思うのですよね。積み重ねることこそが強くなることであって、悪いところをただ切り捨てて、他者からアイディアを盗んできたって、自分のものにはならないってことです。いかに改革していけるのか?これを考えましょうよ!

 そして、気になっているのは携帯サイトなのです。「規制」を考えるのではなくて、迷路のなかで戸惑っている若者たちにどう手をさしのべられるのか?本当は大人たちはこれを考えないとならないですよね。同じように思っている人はたくさんいると思うのですよね。

 いやいや、浅田真央はますます大人になっていくなあ。参っちゃうなあ。

|

« 窓際OL? | トップページ | 椿山課長 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 窓際OL? | トップページ | 椿山課長 »