« やっぱりオリンピック | トップページ | フロスト気質 »

2008年8月17日 (日)

再びグーグー

 「グーグーだって猫である2」文庫版が出ていました。単行本だと4巻まで出ているようですが、最初に文庫で買っちゃったから、文庫でそろえたいな。

 そして、意外に大変なお話だった・・・・大島さんは淡々と描いているけどね。ステージⅢの卵巣がんだったのですね。そして、手術後も7ヶ月間の化学治療。想像でしかないけれど、きっと猫たちが支えだったのかな。さらに、何か多少ボケとツッコミ的な(ボケとボケともいえそうだが)Nさんとのほのぼのしたコンビ。何というのかしら?キレイごとだけではない、お互い少々怒ったりしながらも、支えあっているという感じがまた良いですね。

 猫はさらに増え、今は4匹目に突入。どうやらもっともっと増えるみたいなので、どうなるのかしら?9月には映画公開か。。。

 映画と言えば、今日 Sex And The Cityを見た。う~ん、過激なベッドシーンっていうかあの性描写(カタイ表現だな)に少々ひいたぞ!あれいいのかなあ????そして、4人の女性全員が濃いキャラクター!!一番まともなのは主人公キャリーのアシスタントのルイーズだな。20代なのに・・・・主人公たち4人の女性は40代なのに、20代のルイーズが最も普通だ。たぶんあの4人を遠くから見ている分には面白いが、近くにいたら鬱陶しいだろうなあ。

 でも、男性一人で見に来ている何人かいたが、何故?

 オリンピックは女子マラソンは残念でしたね。なかなかなあ、調整の難しい種目なんでしょうね。古い話だが、あの天才と言われた増田明美ですら、オリンピックではメダルとっていないし。めぐり合わせというのか、なんというのか・・・・

 伊調馨は金メダル、浜口京子は銅メダルと。結構、予定通りですわね。でも、それだけ同じ結果を残すことができる、あのレディースたち、スゴイわ

|

« やっぱりオリンピック | トップページ | フロスト気質 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事