« 5連休後 | トップページ | 東京オリンピック~? »

2009年9月27日 (日)

勘違い~~!

  「野獣死すべし」"The Beast Must Die" ニコラス・ブレイクという本があります。でもね、長年読んでいなかったのです。だって、松田優作主演の「野獣死すべし」って、何かハードボイルドというか、クールで道徳心の無い主人公が、世の中の常識を破って犯罪を行っていく、あれの原作かな?と。

 でも、違うのです。読んだら、あれ?「野獣死すべし」って、ある意味心揺さぶられるミステリーでした。息子を事故で失った主人公が、そのまま逃げってしまった男を追う。殺そうと誓い、犯人を探し出し、実行する直前までを日記形式で描き、その後は普通の小説形態に戻る。実は、その日記がこのミステリーの中で大きな鍵を握る。二転三転のミステリーです。そして、始めの1/3をしめる日記において、息子を亡くした主人公の心の葛藤が結構胸を打つ。あれ、こういう話だったの?私勘違いしていた?と思っていた。

 いや、なんのことはない。別の作品でした。松田優作主演の「野獣死すべし」は日本の作品です。

 そうなんです、勘違いとか、食わず嫌いとかあるんだよなあ。私がミステリーを読み出したのは、そう、王道、コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズからです。モーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンを経て、アガサ・クリスティー「ABC殺人事件」、エラリー・クィーンandバーナビー・ロスに至りました。そうです、名作「Yの悲劇」(バーナビー・ロス)は、衝撃でしたよ。クリスティーは、ポワロ物から入っておきながら、何故かその後ポワロシリーズは一切読まず、ミス・マープル物に走った。「ABC殺人事件」も面白かったのですよ、なのに何故・・・ポワロ物を読み始めたのは、社会人になってから。ここ10年くらいの間で、「ナイルに死す」とか、「オリエント急行の殺人」とか、「アクロイド殺し」とかの代表作を読んだ。さっすが!ミステリーの女王!という読後感ですよ、何故、それまで読まなかったのか、さっぱりわからん。

 そして、我が愛しのコーネル・ウールリッチに出会う。(正しく言うと、初めて出会ったのは「暁の死線」"Deadline At Dawn” だから、ウィリアム・アイリッシュ。でも、Deadlineが死線という訳なのは、今でも違和感だな) そこまでに行く前には、当然少女探偵ナンシー・ドルーものとか経由していますけれどね。江戸川乱歩の怪人20面相シリーズも。残念ながら、日本のミステリーには心惹かれなかったな。これまた、多分、食わず嫌い。社会人になってから、松本清張、森村誠一をちょっと読んだ。でも、そんなに読んでいない。「砂の器」や「人間の証明」はなかなか読み応えはありましたが・・・ただ、なんとなく、暗さを感じるのですよね。ちょっと落ち込んでしまう。確かに、最近の海外ミステリーも不必要に猟奇的だったりするので、そういうのはあまり好きではないけれど。

 日本のミステリーに走れなかったのは、赤川次郎のせいかもしれませんがね。中学か高校の頃に学園ミステリーみたいな作品を読んだら、何だこれ?とあきれたので・・・それ以降読む気がしなかった。学園ミステリーを読んだのが失敗だったのでしょうね。他には良いのがあるのかもしれませんが・・・・

 まあ、大体普通の小説でもあまり日本物を読まない。ほとんど海外翻訳物。正直、夏目漱石?う~ん?「坊ちゃん」は読みきることができませんでした。「吾輩は猫である」はなんとか読んだけれど、皆が言うほど面白いかなあ?森鴎外?「舞姫」?ひどい男だよなあ・・・武者小路実篤に至っては、あなたが書いているのは、小説では絶対無い。と、まあ、正直、面白いとは思わなかった。海外はね、まあ、子どもらしく「赤毛のアン」、「若草物語」から始まって、「トム・ソーヤーの冒険」、「15少年漂流記」、「ロビンソン・クルーソー」、「レ・ミゼラブル」、「シラノ・ド・ベルジュラック」、受験勉強するふりして読んでいた「罪と罰」・・・等々。途中、三銃士シリーズに走っていたり、ギャリコのハリスおばさんシリーズも読んだ。そして、そう、あの「ジェニィ」!猫好きのバイブルですよ。

 なので、今でも海外物好き。まあ、昔より日本の本も読むようにはなりましたけどね。高校の時は友達に薦められた新田次郎にはまっていましたが。「銀嶺の人」から始まり、「八甲田山死の彷徨」を経て、「アラスカ物語」まで。そう、大人になってからは「武田信玄」も。プロジェクトX初回、富士山に気象レーダーを設置した時の、藤原課長補佐です。新田次郎さん。

 と、なんか自分の読書履歴を振り返っているなあ。SFは日本物から入りましたけれどね。星新一、眉村卓、筒井康隆等々ね。海外SFは、やはり巨匠ロバート・A・ハインライン「夏への扉」でしょう。でも、愛しいのは、スタージョン。「人間以上」"More Than Human"のシオドア・スタージョンです。「ブレードランナー」のフィリップ・K・ディックも忘れずにね!

 際限ないので、もうやめます。何の振り返りしているんでしょう?

|

« 5連休後 | トップページ | 東京オリンピック~? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事