« 真央ちゃん!! | トップページ | またしてもコロンボだ »

2011年2月27日 (日)

踊る!

 ちょっと気になるんだよなあ。何が?って。草刈民代ですよ。バレリーナの。引退しちゃったけどさ。同い年だからかな。何か気になるのですよ。

 出張中に空き時間があったので、本屋に入ったら「バレエ漬け」ってあった。作者は草刈民代。エッセイですけどね。買おうか、どうしようか、ちょっと迷った。

 決め手はこれ。

 旦那である周防正行がShall we ダンス?をアメリカで興行するためのキャンペーンで、ある記者の質問

 「『王様と私』はアジア人を蔑視しているが、抵抗はないのか?」

 聞いている草刈さんは内心、「はあ~っ?何聞いてんだ、この記者」

 答えて周防監督

 「『王様と私』を観なくても、白人がアジア人を差別しているのは充分承知している。・・・・中略・・・・・だから、『王様と私』のミュージカル的に優れているところを日本人は楽しんでいる。」

 それを聞いて、民代さん、また内心で叫ぶ!「いいぞ!正ちゃん!負けるんじゃないぞ!」

 この辺を立ち読みして、購入を決めました。「Shall we ダンス?アメリカへ行く」も読んでいたのでね。この「バレエ漬け」では、そんなに周防監督との絡みは出てこないけれど。草刈さんと周防監督ってなんとなく美女とオタク的な感じじゃないですか、電車男を彷彿させる感じ。でも、草刈さんの両親は、「本当に周防さんはあなたと結婚する気なの?」とか、「周防さんは君の事を本当にわかっているのか?」って・・・どんな性格なんだよ、草刈さん。

 とはいえ、二人は出会うべくして出会ったのだろうなと。というか、周防監督が「Shall we ダンス?」への出演を、草刈さんを口説いて説得したのだろうから、元々周防監督が一目ぼれだったのか?

 お世辞にも演技がうまいとは言えなかったけれど、やはり、草刈さんのダンス教師役ははまり役でしたね。だって、格好いいもん。セリフ回しは当然下手でしたけどね。周防監督はそんなことは承知で、バレエダンサーとしての姿勢の良さ、ダンスの格好良さを追及したのだろう。

 それはともかく、意外に草刈さんの方が周防監督に惚れたのかも・・・と思うのだ。どうやら、なかなかキツイ性格らしいので、周防監督みたいな飄々として、表面的には穏やかな人(内にはもちろん情熱を秘めているのだろうけど)が合うのでしょう。大体、バレエも習いだしているうちに、小学生のくせに毎日通い出すし、終いには高校中退ですよ。高校に行く意味が無いわけですよ。だって、バレエやるってもう決めているんだもん。並みの根性じゃないよね。(高校中退については、何かのテレビ番組で知っていたが)

 写真集でアスリートのヌードも披露していたが、広告で見ただけだけれど、格好良かった。まあ、男受けはしないだろうけど。。。(だってスケベ心に訴えるためのヌードじゃないからね)

 「Shall we ダンス?アメリカに行く」も日本の映画業界の実態(だから成長しないんだよ)やアメリカの映画産業の実態(観客が飽きるから2時間以下じゃなきゃ駄目とか、観客をなめているから衰退するんだよ)がわかって面白いです。

|

« 真央ちゃん!! | トップページ | またしてもコロンボだ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。