« シャンハイ・ムーン | トップページ | エミリー »

2011年10月30日 (日)

低血圧なのだ

 もうね、辛かったの~けだるいっていうか、全身倦怠感ってやつ?低血圧のつらさって、なかなか分かってもらえないのだが、いやあ、先週末は辛かったわ。休むとまた自分が追い込まれるので、朝風呂入って、栄養ドリンク飲んで頑張りました。でも、食欲ないし、シャキッとしないし、辛かったわあ・・・

 S.J.ローザンの「シャンハイ・ムーン」を読んだら、本格ミステリーが恋しくなり、ついついピーター・ラヴゼイ「漂う殺人鬼」を読み返した。やはりいいです。いろいろな優秀な人物が出てくるけれど、現場主義&経験値に基づくダイアモンド警視の判断って、やはり説得力、納得性がある。そして、失敗を後悔するな、悩んでいる場合ではない、挽回するにはどうする?救うにはどうする?これだね。

 と、言いつつ、今日の話題は宮部みゆき「おまえさん」。ついに出ました、井筒平四郎&弓之助&おでこの活躍する時代物ミステリー。まあ、厚いこと、びっくりしました。前作「日暮し」が上中下の3巻でしたが、その3冊分が上の1巻に該当するくらいの厚さで上下2巻です。

 今回は、袈裟がけに切り捨てられた死体が3体。いずれも同じ切られ方である。そして舞台は、生薬屋。過去のある因縁が、今、よみがえってくる。これを、厄介者扱いされている、ご隠居の本宮源右衛門、そのご隠居を預かっている同心の間島信之輔、そして前作、前々作でもおなじみの政五郎。この3名が重要な役割を演じる。もちろん、弓之助、おでこも登場するし、弓之助の見事な推理も冴え渡る。だが、しかし、弱いのは人間の心なのであった。

 相変わらず、宮部さんの男と女の性っていうか、因業というような物を感じさせる話です。また、怖いのは人の心ってやつかな。救いなのは、平四郎が決して白か黒かを決着させず、ひたすら「正義」を振りかざさないところ。グレーも必要だということがわかっている点。それでいながら、本質がわかっているところかなあ・・・全然、スーパーマンじゃないんだけど、いいのだよね、平四郎。脱力系で。

 いつまで続くのか?平四郎シリーズ。そして、弓之助は養子になるのか?

 そして、私の低血圧も少し改善するのか?頭痛、肩凝りも低血圧で起こるっていうから、嫌になっちゃう。そりゃあ、こんなに肩も首もガチガチになるわけだよ。勘弁してほしいわ。

|

« シャンハイ・ムーン | トップページ | エミリー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シャンハイ・ムーン | トップページ | エミリー »