« またしてもフィギュア | トップページ | 幸せプリン »

2011年11月26日 (土)

真央とディヴァイン

 真央ちゃん、グランプリファイナル進出、良かったね~フリーは丁寧に行き過ぎていくつかジャンプを失敗していましたが、また、調整してファイナルは完璧な演技を見せてちょうだいな。「愛の夢」はいいね~ホント、バレー踊っているみたい。

 真央ちゃんを日本人が好きなのは、やはり「根性」を感じるからかな。今年のフリーを見ているとさ、執念を感じるのだよ、私は。やっぱり、悔しかったんだよ、バンクーバーオリンピックの銀メダルが。どんなにトリプルアクセルを飛んでも、あのキム・ヨナの演技には敵わなかった。だからこその一からの修正。すごいよ~~、そんなこと、普通できないよ。だって癖ついちゃっているんだもん。それを直そうってことよ!どれだけの犠牲、どれだけの苦労、どれだけの・・・う~ん、想像つかんぞ。あの華奢な身体のどこにそんな根性があるのかしらね。ホント、大したもんだよ、真央ちゃん。 

 少々、イライラするのがマスコミの報道の仕方だけど。ほとんどのフィギュアファンは、真央ちゃんがあえて選んだ「茨の道」を理解していると思うんだけど、マスコミはね、変に不振を協調しようとするから、イラつくわ。

 来年か再来年には、この綺麗な演技とトリプルアクセルの見事な融合を期待しているわ!そして、ソチで金メダルだ!審判の目に物見せてやれ!

 さて、ディヴァインの「三本の緑の小壜」”Three Green Bottles”を読みました。相変わらずの意外な犯人。結構な読みやすさ。面白いけど、やはり、最初に読んだ「悪魔はすぐそこに」の意外性が一番だな・・・主要な4名の人物の視点で語りとか、今回の「三本の・・・・」も、もっと明白に3名が語り手となる。でも、少々その人物の個性が弱いな。あえていうなら、シーリアが一番個性があったかもしれない。でも、本当はもっとマークとマンディを掘り下げるべきだったかな、という気もする。そういう意味でも「悪魔・・・」の方がやはり良いな。

 犯人の意外さでいうと「兄の殺人者」が一番かな。「悪魔・・・」と一緒で謎解き側に実は・・・そして、その人があの人なの?(ってなんのこっちゃ?)という意味ではなかなか。「災厄の紳士」もある意味、ヘェーこの立場の人がそうなのか?とかね。

 って、なんのことやらわからないでしょう?そういう人は、是非読んでくださいませ。何回読んでも面白いよ、ディヴァイン。「悪魔はすぐそこに」、「兄の殺人者」、「災厄の紳士」いずれも3回くらい読んでいます、私。しかもまた触発されて「悪魔・・・」読み返し中です。

20111123144203_3 20111123172859_2 

出張ついでに宮島に行ってみました。紅葉が始まりだして、なかなか。もうちょっとって感じかな。来年の大河は清盛だしね。

|

« またしてもフィギュア | トップページ | 幸せプリン »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事