« やっぱり世界フィギュア | トップページ | またまたディヴァイン »

2013年3月24日 (日)

ちょっとがっかり

 「お金が無くても平気なフランス人、お金があっても不安な日本人」という本を買いました。

 自分の思い込みで勝手に期待して、勝手にがっかりしたから、仕方がないんだけど、てっきり、風刺の利いた、フランス人も日本人も愛情をもって茶化した内容だと思ったの・・・

 大真面目な本だった。。。特に、筆者はずっとフランスに住んでいるらしいから、いかにフランス人が、お金を使わないかを真面目に書いているの。ドレッシングも買わず、自分で作って食べるか。なんでも買って済まさない。いかにDIYかとか。ミシンも使ったことがないのに、カーテンでいろいろなもの作るとか・・・ブランドものなんか買わないとか・・・

 でもさでもさ、そんなのどこの国にだっているじゃない。日本人が全員なんでも買ってはすまさないよ。確かにDIYはあまりしない国だとは思うけど、折り紙なんかみんなうまいぞ!手先は器用なはずだ。ただ、買ったほうが時間も手間もかからずにそれなりにいいもの買えるからね。

 若いころ、海外旅行に行ってよく思ったのは、欧米は服とか、超安いか、高いブランド物しかない。中間がないなと思った。日本には中間があるんだよね。それっていいなと思っていた。ブランド物だって、皆が皆もっているわけではないじゃない?私なんて、ヴィトンだけは絶対に持たないでおこうとおもっている。だって、何が悲しくて、あんなにたくさんの人とお揃いにしなきゃならないの?

  カトラリーを祖母の世代から受け継ぐとかさ。。。だって、銀のフォークもナイフも日本では使わないぞ!漆塗りの箸でも受け継ぐか?銀食器なんて、磨いたりなんだりしなきゃならなくて、手入れは大変だと思うが・・・

 お葬式の費用が3,000円程度で済むとか。しかも現金を手渡さない?だって、考え方の違いでしょう。日本だって、一般peopleの場合、親族以外はお香典は3,000円~5,000円くらいでしょう。市営の葬儀屋がしきるっていうけど、実際にそのためにいくらかかっているのか?税金がどうなっているのかをちゃんと比較しないとずるいよ。日本のお葬式はお葬式でいいとは思うよ。しかも、最近は家族葬とか増えてきているしね。今後はそうなりそうだね。

 と、なんかがっかりだった。きっとさ、どちらにも良い点、悪い点はあってさ、それをわかったうえで、茶化してほしかったんだけどな。大真面目なの。仕方がないじゃない。日本は異常に今は安全なんだよ。だから、自販機は置ける。これからもそれを守れるといいのだけどね。たとえ、外国人がたくさん日本にやってきたとしてもね。

 そういうことじゃないの?フランス人もばっかじゃないの?というところもありながら、皆、お洒落に工夫して生きているんだよね。100年も持って、しかも暖かい建物は羨ましい(カナダがそうだった)日本は、そうはいかないよね。木造だし、地震はあるし、湿気もあるし・・・

 というわけで、残念だった。勝手に勘違いした私が悪いのだが・・・

|

« やっぱり世界フィギュア | トップページ | またまたディヴァイン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。