« 今さら森さん発言 | トップページ | 本の本?って? »

2014年3月 9日 (日)

ユーミンのせい?

 「ユーミンの罪」 酒井順子作を読んでしまいました。

 酒井順子さんって時点で、あまり近寄りたくはないんだけど。いや、なんか面倒くさいじゃないですか?負け犬とか、ホントは負けていないんだとか。読んでないから知らないが、「勝ち」とか「負け」に分類することそのものがメンドー。ほっといてくれ!私は私で好きなように生きているんだから、勝手に分類するなって感じで。なので、近寄っていなかったのだけど、テーマがテーマなのでね、パラパラとめくってみたんですよ。

 最初の章が「ひこうき雲」、昨年、宮崎駿の映画で話題になった。知らなかったのですよ。そんな前の歌なんだ。酒井さんは私より1つしか年が下でしかないのだけれど、すごくユーミンを聞いているのね。私は過去においては興味がなかった・・・。だから荒井由実時代を知らない。そもそも荒井由実時代自体が短かったようだが。で、実はこれ1973年の曲。そして、歌詞をそのまま引用するとJASRACに怒られるが、「ひとり」、「上っていく」、「空に・・・」、「・・・かけていく」、「あの子の命は」と、まあちょっと思い出して、口ずさんでみてください。実は、これ、「死」がテーマな歌なんだそうです。

 ちょっとびっくりしたんです。で、思わず買ってしまいました。ユーミンのインタビュー集「ルージュの伝言」というのがあるそうで、その中で、小学生の同級生で筋ジストロフィーの子がいて、高校の時に亡くなってしまったと語っていたそうだ。高校生ながらにかなりショックで、それをテーマに作った歌が「ひこうき雲」

 うまいよね、酒井さん。流行りの宮崎駿に、実は悲しい曲だというエピソードつきの「ひこうき雲」を最初に持って来たか。うまくはめられたよ。でも、私は宮崎駿にもユーミンにもさほど興味はないのだが。けれど、ついついそんなエピソードが潜んでいるんだ?ほかにもどんなのがあるのかなと思ってしまったのです。で、買ってしまった・・・

 さて、結果、う~ん、最初以上のインパクトはなかったな。なんかさ、結局、やっぱり面倒くさいのよね、この人(ユーミンのことではない)。ユーミンは、ものの見事に時代を反映する歌を送り出し続けた人だとは思うんだけど、だから、世相を表すんですよ。でね、1970年代、1980年代と、いわば日本は経済的には成長し続けちゃって、良い思いをしてきた。ってことは、女子たちだっ て良い思いをし続けちゃって・・・当然、男に頼っておいしい思いをちゃっかりする子もいれば、そうじゃないのもいた。結婚して家入ってしまう人も、両立しようとする人も、独身のままの人も、最近だと結婚しなくても子どもだけは育てようって人も。様々でしょう。

 それをさ、ユーミンの歌に励まされすぎて、中途半端な自分になっちゃったとか。ユーミンは助手席も手に入れ、仕事も順調で、しかもおばさんにならない・・・そんな夢を見させて、日本の女性が自己肯定に走ったのはユーミンのせいだ・・・

 知るか?そんなもん。あんたの人生はあんたのせいだよ。

 ユーミンだって勘弁してほしいだろう。そりゃあ、たまたま才能があって、世の中にはまって、演出能力の高い旦那に出会って、自分も努力したんだろう。

 じゃあ、ユーミンが完璧なのか?

 この際だから言わせてもらうが、ユーミンは歌がうまいのか?実際のところ、決してそうじゃない。批判されたり、揶揄されたりもしていた。曲なんか、悪いけど簡単だ。カラオケで数曲続けて歌ってみるがいい。続けて歌うと飽きるぞ。一本調子で簡単だから。たぶん、あくまでもたぶんだが、難しい曲を歌いこなす力量はないのだろう。

 じゃあ、ダメなのか?

 そういうわけではない。やはり、あの詩。深いわけではないけれど、きちんと世の中の動きをとらえ、見事に発信させ共感を得られる詩。そして、演出力でしょう。やはりユーミンはユーミンで、みんなが知っている歌を作り、みんなが歌える歌を作った。この時期にはこれだねと、バブルで踊った我々が何か懐かしい思いで振り返ることのできる歌を作ったのですよ。

 なので、放っておいてくれ。あんたが今の自分に不満があるんだか何なんだか知らないが、それを人のせいにしないでくれ。ついでに他の女性たちを、あんたと同じレベルに扱わないでくれ。自分に満足していないなら、自分で努力してくれ。もう二度とこんな本を出さないでくれ。

 以上終了だ。なんか、ついついヒートアップしてしまったぞ・・・失礼しました。

 でも、まあ、ユーミン好きな人は読んでみてもいいかも。1973~1991年の1年に1曲を選び出したエッセイみたいな感じで、それはそれでユーミンファンには面白いかも。酒井おばさんの時々の欲求不満的フレーズが気にならない人はどうぞ。私は無理だな。

|

« 今さら森さん発言 | トップページ | 本の本?って? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。