« 驚きの男子ショートプログラム | トップページ | 混迷の女子ショートプログラム、そして花織は希望 »

2022年2月10日 (木)

男子フリーで決着!!

 フリーはノーミス続出って訳にはいきませんでした。が、ネイサンは平昌の忘れ物を取り戻し、優真はいけいけどんどん300点超え、昌磨は果敢に挑戦したものの、ボレロ完成形はまた先に伸びました。羽生君は4Aは認定されたもののアンダーローテーションの上に転倒。惜しかったね。そして因縁の4Sで何故か転倒。その後はいつもの羽生君でしたが、ちょっと元気がなかったかな。。。

 とはいえ、四大陸に引き続き日本男子が2位3位4位です。素晴らしい。一瞬上位陣待機室が日本人独占でした。

 ネイサンはこれで引退かなあ・・学業専念したいはずだしね。

 昌磨は、綺麗な4Loを決めたものの、4Fで転倒した上に、何故か3A-Eu-3Fで最後が1Fと抜けちゃった!!4T-3Tもセカンドが2Tになっちゃったしね。もう、メダル獲れないかとドキドキちゃった。でもなんとか、SPで羽生君との10点差があったので銅メダル。ランビ様振り付けのボレロは難しいなあ。

 優真は、4Loが乱れたものの、残りはそろえてきました。やはり若いって素晴らしい。怖いものなしだし、このオリンピックの場で成長する。そしてその成長具合が半端ない。ただ、まだ優真色というものが確立していない気がする。個性が確立していない。まあ、点数とは関係ないのだけれども、「個性」は必要ですよ。

 SPの後のインタビューでネイサンに勝てるか聞かれた時、「自分に勝つことが一番」と言った優真、「同じ意見。ネイサンが完璧にすべると誰も勝てない。同じ位置に立つには、今のモチベーションと練習をもっと前からやっていないとならない」と言った昌磨。何というか、この2人の穏やかな心持ちには、羽生君はもう勝てないような気が実はした。羽生君の持ち味はスポ根マンガのような闘争心で、だからこそオリンピック金メダル2個を獲ったのだけれども、時代が変わった感があったなあ。

 ネイサンですら、一つジャンプが抜けました。完璧な演技の人は残念ながらいなかったです。

 でもまあ、ボーヤンはたか~い4Lzを跳んでくれたし、メッシングさんもジャンプが良かった。エイモズ君は4回転さえ決まってくれれば・・・アダム君はやはりステップがいいなあ。ジュンファンは最初の4回転が痛かったけれども、残りは良かった。羽生君と僅差の5位でした。演技構成の差でしたね。ジェイソンも良い演技でした。コンドラチュク君は団体戦で疲れたかな。日本のように分担できれば良いのにね。ロシアっていつも1人に託すなあ・・捨て駒に見えちゃうのよね。ソチの時のリプニツカヤとかさ。

 そしてボーヤンはカワイイ。羽生君と一緒に上位待機室?でも、陽気でした。ただ、ネイサンの衣装はどうしてもダサい。

|

« 驚きの男子ショートプログラム | トップページ | 混迷の女子ショートプログラム、そして花織は希望 »

フィギュア」カテゴリの記事

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 驚きの男子ショートプログラム | トップページ | 混迷の女子ショートプログラム、そして花織は希望 »