« 2022年全日本フィギュア女子フリーだよ | トップページ | 【記事見直し】代表選考と宇野昌磨という男 »

2022年12月27日 (火)

結局は昌磨劇場~2022年全日本フィギュア男子フリーだよ!

 結局は男子フリーも波乱の展開。昌磨の怒濤のリカバリーで演技も大興奮してみていたけれども、最後の記者会見でも嵐を起こしちゃった(特にネット界隈で)。やはり昌磨は変わっていなかった。忖度出来ないって言うか、思っていないことを言えないというか、ある意味純粋な昌磨。ちょっと安心したわ。

 さて、まずは前半から。やはり西山真瑚くん!アイスダンサーだから3A以上が跳べなくて、アクセルジャンプは2Aだし、当然4回転もないし、3回転と2Aでのジャンプ構成。でもねぇ、美しい。キャメルスピンの横に伸ばした足の美しさ。コリヤダ君みたい。姿勢が美しい。駿君と佳生くんには見習って欲しい。だから、TESに比べてPCSのなんと高いことよ。来年はアイスダンスに専念とのことなので、相手が見つかったかな?うたしん時代は本当に良かったから、期待している。そして、スタア、スタアとTwitter上で呼ばれているから誰だ?と思っていたら、宇野前ブラザーズの一人、大島光翔くん、19歳!ショートもゼブラ柄のパンツ(ランビ様が喜ぶぞ)、フリーはトップガン!カーキのつなぎの衣装が最高!演技もトップガンを意識していて良し。やんちゃで目立ちたがり屋風で、日本のスケーターには珍しいタイプじゃない?いいキャラクターだね。格好良かったよ!

 そして、第2グループの最後に佳生くん。去年はショート第1グループ1番滑走でずっと漬物石状態。今年だって最終グループ滑走でおかしくないのに、ショートでミス。フリーはちょっと最初にジャンプミスがでちゃって、、ああ、どうなる?と思ったら後半安定。よし!でも171.43だったので、う~ん。これは最終グループで抜かれるなあと思っていた。そういえば、第3グループの山隈くん、フジ企画のフィギュアスケーターとつながろうも見ていたら、シブタニ兄に似ているって、確かに!!俳優風の正統派イケメンですな。ジャンプは・・・でしたが、しっとりとした大人な滑りだったと思う。

 シスメックスの壷井君。頑張ったと思う。最初の4-3バッチリ。けど次の4回転が・・・まだまだこれからだよ!ペアと二刀流の森口くん。スピード感あるし、ジャンプも高いし、良いんじゃない?しかし、同じ日にペアとシングルに出ているって、体力どうなのよ?パートナーの村上遙奈ちゃんは毎日出ているってこと?何なんだこの体力化け物ペア。りくりゅうがこれなかったのでペアは一組だけ。りくりゅうがこの間の世界選手権で銀メダルだから出場枠3枠あるんだけど、村上遙奈ちゃんが14歳のジュニア年齢だから出られないそうです。

 さてさて最終グループです。まずは、優真。4回転が決まらないね。練習できてないだろうしね。まだ無理できないだろうし。ぱぱちが出場反対していた位だから、そりゃあそうだよね。とにかく無理して欲しくない。ので、十分に怪我を治してくれ。目指すは4年後オリンピックなんだから、焦ることはない。駿君は4Lzを決めきれないなあ。綺麗なスケートではあったけれど、私が信頼しているスケートブログの人によると、腕だけ動かしている印象とのことで、その点に着目して見ていたら、確かに上半身の動きとしては物足りないし、エッジももう少し使えるかな?頑張れ~そして、一希だ!前半焦ったけれど、後半まとめてほっ。ステップとコレオは完璧。そしてまあ速い!このスピードでよくもまああんなにちゃんとステップ踏めるものだ。とはいえ、点数は165.41。足りない、足りないぞ!やはり常時安定的に170点以上出せるようになって欲しいな。ショートで100点だせるんだから、ホントは180点欲しいところだ。

 次は草太です。フリー挽回なるか?と思ったのに~~~4回転が~~鈴木明子さんが草太がジャンプを跳びやすいようにと作ったプログラムらしいし、ジャンプの前の助走が長いって言うか、ジャンプの前の上半身の表現がないので、すべてを完璧にしないと物足りないのですよ。後半はなんとかまとめたものの、点数は158.82。フリーだけなら7位。総合5位ですよ。う~ん。さて、ショート2位の高志郞君。顔は小さいわ、背は高いわ、足は長いわ。実力が上がってくれば人気の出そうな、チームシャンペリーの一員です。私の好きなチャップリン。いいよ、表現が良くなった、ちょっとしたしぐさ、表情、丁寧にやっていたのに・・・ああ、3Fが抜けたぁぁぁ、4回転が少ないだけに他でミスが出ると致命的になりかねない。さて、どうなる?164.87!一希をかわして暫定1位、これは2位決定だよ(だって、昌磨の点差を考えるとね)

 ジスランと高志郞君が歓喜のハグをする中、昌磨の登場です。このまま安定感で行くか?と思いきや、4Sが抜けた!4Fで転倒!あれ、今回は乱れのフリーか?落ち着いて3A単独で成功させると、後半4T-3T、なんだできるじゃん、なんてまだまだ甘い、次は4T-2T、そして最後の3A-2A、よ~しと思ったら、も一つ2Aつけたぁぁ、なんだそれは!!そしてゴージャスなステップ、スピン、最後のスピンは時間切れのご愛敬でしたが、まあ興奮しましたね。フィギュアスケートもスポーツだなぁと思わされた(何を今更)。そうだよな、昌磨はシニアに出てきたときから、こういう選手だった。ミスを絶対にリカバリーするんだよ。なので、ジャンプ構成がむちゃくちゃ。だから、平昌でも銀メダルとれた。終ってみれば、191.28、総合291.73の圧倒的勝利。フリーのTESは102.87で、PCSは90.41とPCSがちょっと足りないのは、タイムオーバーとか音楽との調和の犠牲とか色々あったかな。でも、減点1よりも2Aの得点の方が高いもんね。

 総合でも、チームシャンペリーワンツーのランビ様涙の結果でした。今回はランビ様が胴上げされてたね。

 今回の全日本は、女子も男子もトップレベル選手の引退、怪我があって、安定しているのが坂本、三原、宇野、そして、結果をちゃんと出したのもこの3人という世界選手権選考がかなり難しいなと、見ている側でも思う結果となってしまいました。結局、女子は坂本、三原、渡辺、男子は宇野、山本、友野が選ばれたと。高志郞君は四大陸。で、記者会見で出ました昌磨の発言。最近には珍しく言葉に詰まっていて、自分が選ばれたのは嬉しいものの、自分が言うことでもないが、嬉しく思えない部分がある。記者の質問で、何が嬉しくないのか聞かれていたけれど、それには感情的な今は言うべきでないと答えなかった。そして、表情も硬い。昌磨~~どうした?

 これを受けてネットは荒れましたね。本人が語らないので想定でしかないが、高志郞君が2位なのに世界選手権代表に選ばれず、補欠。しかも補欠も駿君の次の2番手。まあ、選考基準からすると別に間違ってはいないのですよ。ただ、問題は基準が複数あるのだよね。優勝者は問題なく選出。2番目の基準は、2位/3位の選手、グランプリファイナル出場上位者(昌磨、草太)シーズンスコアの上位者(昌磨、草太、佳生)なので、多分ここで草太が選ばれたのだと思う。じゃあ、3番手は2位の高志郞でいいのでは?ところが3番目の基準がある。世界ランキングの上位、世界シーズンランキングの上位。ここで、一希12位、高志郞62位とかなり差があるのですよね。世界選手権は上位2名の順位合計13点以内じゃないと3枠とれないので、3枠取りたいスケ連としては、安定感にこだわる。昌磨は安定しているものの、草太も一希も乱れると、大乱れするからね。優真がけがしていなくて、例えば、1位昌磨、2位高志郞 3位優真だったら、高志郞が選ばれる可能性は高かかったかも。

 がしかし、見ている側は、昨年の女子の選考を思い出してしまうわけですよ。1位坂本、2位樋口、3位河辺、4位三原で、この順位順で3名が選ばれました。三原舞依ちゃん人気が高いので、まあ、ネットは荒れた上に、河辺愛菜ちゃんがそんなにオリンピックも世界選手権も活躍出来なかったので、愛菜ちゃんがたたかれました・・・でもね、そんなものですよ、高校生なんだし、平昌で6位入賞した坂本花織が凄いんだよ。で、今年の基準で見ると、愛菜ちゃんも舞依ちゃんもGPファイナルには行っていない。スコアでいうとSBは舞依ちゃんの方が上、が、愛菜ちゃんも200点超えしているので点差は少ない。3番目の基準のランキングだと、2021年12月時点のがわからないのだけれど、2021~2022ランキングでは舞依ちゃん40位、愛菜ちゃん87位。舞依ちゃんの4大陸優勝を単純に引けば良いというものではないと思うので、2021年12月時点のがわからないのが歯がゆいのだけど、舞依ちゃんが愛菜ちゃんより下というのは少々考えにくい。ただ、この二人の数字上の差は少ないのだな。そうなると愛菜ちゃんになるのか。 

 そういう意味では基準通りではあるのだけれど、2位が選ばれないというのは過去から考えると異例だと思うので、昌磨が「嬉しくない」のもなんとなくわかるし、この発言の結果、自分がたたかれようがどうしようが、昌磨道を貫くのが彼らしい。芯は変わっていなくて、母さん嬉しいよ。それに結果として、選考理由がちゃんと選手達に説明されたらしいので、良かったのじゃないかな。高志郞君にとっては厳しい事実を突きつけられたのだと思うけれど、それはアスリートだから、ちゃんと受け止められるでしょう。ネットでは、自分はこの選考に納得しているとか、どんだけ上から目線やねん?と言う発言もあったが、選手が納得しないと意味ないですから。

 で、結論!草太が実力通りに全日本2位に入らないのが悪い(笑)!!高志郞君が3位だったら、4位の一希が選ばれても、そういうケースは過去にもあったからね。頼むよ、草太!世界選手権では山本草太ここにあり!を見せてよ!

 そして、高志郞君、4大陸で、今年の2位がフロックじゃないことを証明してやれい!ジスランとランビ様にきっちり指導してもらってね、期待しているよ!!

|

« 2022年全日本フィギュア女子フリーだよ | トップページ | 【記事見直し】代表選考と宇野昌磨という男 »

スポーツ」カテゴリの記事

フィギュア」カテゴリの記事

三原舞依」カテゴリの記事

河辺愛菜」カテゴリの記事

壷井君」カテゴリの記事

佐藤駿」カテゴリの記事

昌磨」カテゴリの記事

草太」カテゴリの記事

佳生君」カテゴリの記事

坂本花織」カテゴリの記事

高志郞」カテゴリの記事

ステファン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2022年全日本フィギュア女子フリーだよ | トップページ | 【記事見直し】代表選考と宇野昌磨という男 »